新幹線に乗り遅れるかと思ってバタバタ!

スポンサーリンク

本日、東京へ向かっています。

恒例になった、セミナーへの参加です。わざわざ東京まで?と思いますか?

 

もちろん、セミナーに参加するのが目的ではあるんですが、もう一つは関東にいる娘にあうことも目的の一つでした。

 

でも、今回は、娘にふられちゃいました。

一泊するから午前中時間とれない?って聞いたら、就活中だから間際にならんとわからないと返事だったんです。

 

じゃあ、ということで一泊することにして当日の午前中か、翌日の午前中をあけるように新幹線の切符とお宿をとりました。

結局は、ちょっと無理~と断られてしまいました。

でも、代わりにお友達にあってきます。

 

今回の、交通機関ですが、JR東海ツアーズって知ってます?

ぷらっとこたまという大阪から東京まで新幹線こたまで1万円という時間はかかるが安いというセットを扱っているところです。

 

以前にも利用したので、今回は新幹線+ホテルのセットで29800円というプランにしました。

新幹線の往復だけで大阪―東京なら3万円することを思うとナイスな値段です。

ただし、これには理由があります。

 

新幹線の時間がすいている時帯。                                                                                     

たとえば、大阪を出る時間は、あまり早いと大変なので、一番利用が多いのは8時頃出発の便でしょうか。(東京10時半到着)

今回は、新大阪を6時33分に出発という超早い便でした。

家を5時には出ないといけません。

 

それが大失敗をしちゃいました。

起きたら5時だったんです。( ˘•ω•˘ )

それも、主人に起こされて。。。

 

もうびっくりして飛び起きました。さすがに新幹線に乗り遅れるとヤバイです。

とりあえず、トイレに入って、時間を計算しました。これが本当にギリギリで。

車で乗る駅までいって、そこから地下鉄にのって、新幹線へ。

 

化粧もせずに車にとびのりました。救いは前日に荷物の準備をしていたことでしょうか。

車を運転しながら、走りだしたいくらいでした。

 

新大阪6時33分発

御堂筋線の新大阪駅についたのが、6時25分。8分で乗り換えられるのでしょうか。

 

ネットで検索すると、3~4分。本当かなと疑いながら急いでいくと、無事乗れました。

ということで無事新幹線に乗れて、パソコンを開けることができました。

 

今回の教訓

遅れちゃいけない時は、主人にも起こす時間を伝えておく。

次はテレビの前に紙に書いて張っておこうと思います。