施設の母からの電話に、返答に困る

スポンサーリンク

最近、夕方になると母から電話がかかってきます。

今母は、施設でお世話になっていますが、徐々に認知症が進んでいるように思います。

 

『今、どっかの保養所みたいなところにいるんやけど。

ここは、どこかな?小さい部屋なんやけど。

どうやって帰ったらいいかわからへんねん。今日はこっちにこられへんかな。

夕飯どうしよう。おにぎりでも、買いに行ったらいいかな?』

 

こういって電話がかかってきます。

いったいどう返事をしたらいいのでしょう。

母は、今1人で歩くことはできません。外出する時は車椅子です。

もし、普通に歩くことができていたら、1人で外へ出ていってしまうのでしょうか。そう考えると、足が弱って歩けないのも、プラスですね。

 

物忘れ外来の医師は、否定せずに話を聞いてあげてといいます。

でも、毎日母にすれば今日はどうやって帰ろう。夕飯どうしよう。

そんな心配をしているのでしょうか。

 

『何言ってるの。そこが家なんだから、ずっとそこにいるんだよ。』

そう言ってしまってもいいのですが、母にすれば理解できないようです。

 

『今日はそこで泊まるって聞いてるよ。

そのままそこにいていいんだよ。』

 

そう言うようにしています。

母は、電話で私に心配を話すことでちょっと安心するようです。

 

仕事中にかかってくるので、ゆっくりと話を聞くこともできません。

なかなか、母に今の場所でずっと暮らすんだよとわかってもらうのは難しいです。