あさぎの「わがままダイエット」

50代田中あさぎのブログです。ただいまダイエット進行中!

パンプスがぬげる時の対処方法は2つ

スポンサーリンク

最近、靴を見直す機会があり、足の幅の広い私は苦労して選びました。

asaginodiary.hatenablog.com 

久ぶりにスカートをはきたくなり、そうなると靴も変わってきます。そこでパンプスを買うことに。

でも、幅広の私の足には、なかなか合う靴がありません。そんな時に生協のカタログで4Eのパンプスを見つけ、よさそうだったので買ってみました。

ネットで靴を買うのは結構冒険ですよね。このパンプスも合うかどうか届くまでドキドキ。

 

自宅に届いて、履いてみるとまあまあいい感じです。

早速はいて仕事に行ってみました。車通勤なのでそれほど距離を歩かないので試し履きにちょうどいいかなと思って、早速この靴をはいて仕事へ。

 

少し歩くと、何と、かかとがパカパカするではありませんか。こうなると、上手に歩けずにへんな恰好で歩くことになってしまいます。

 

そこで、靴に修正を入れるためにイオンの靴売り場へいきました。

そのの売り場の店員さんから、かかとが脱げる場合は2つの対策が必要と教えてもらいました。

 

①つま先に下敷きをいれる。

これを入れることによって、足が前にすべっていくことがなくなるそうです。

 

②かかとにクッションをはる

靴のかかとにクッションのついたバンドエイドみたいなものをはることによって、脱げるのを防ぐ。

 

 

この靴に2種類のパーツを張ってみました。

 

f:id:asaginodaiary:20180609215156j:plain

 

あら!びっくり。

足をしっかりとホールドして歩きやすくなりました。

 

②のかかとに貼るクッションは、わかっていましたがそれだけでは、足が前にすべっていくこともあるとか。私もそのタイプだったようで、2つとも入れて初めてフィットしました。

 

もし、パンプスがパカパカして困っている方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

でも、長い間歩きやすい靴ばかりはいていたせいか、パンプスをはくと足の裏が痛いです。これは相当足を甘やかしてきた結果でしょうか。

 

今年は、このパンプスとサンダルで夏をのりきります!