85才の母の病院受診に付き添いました~涙がとまらない

      f:id:asaginodaiary:20170913222732j:plain

今85才の母は、施設でお世話になっています。

父が亡くなり、昼間一人で家で過ごすことが難しくなった時に施設を検討して決めました。

施設の看護師さんから、最近夕方になると、家に帰るといたり、色々心配したりしていたのがちょっと目立ってきたからということで、病院受診をすることになりました。

今日は、その付き添いで朝から行ってきました。

お願いしている施設は、家族がいなくても看護師さんが付き添って、施設の車で受診させてくれます。それでも、家族も付きそうことができればと声をかけてくれました。

 

病院の物忘れ外来を受診しました。

物忘れが、加齢によるものなのか他の病気からのものなのかも診断してもらうことができます。

 

最近の母の特徴は

声にはりがない

表情がとぼしい

生家と、今の家が混同している

家に帰らないとと心配している等々

 

始めてあった医師を見ても、母の表情が乏しい様子を見て、うつ症状もあると診断されていました。

頭のCTを取り、以前の所見と合わせて、海馬の萎縮がすすんでいると言われました。

 

認知症とアルツハイマー中期との診断でした。

 

CTから小さな血管障害がみられ、今後その血管がつまる(脳梗塞)可能性も高いとのことでした。

血管の梗塞から、小さな麻痺が起こり嚥下障害が出る可能性もあると。

 

症状として、記憶・記銘障害があると聞きました。

記銘障害って何?と思って調べてみると

・注意力散漫

・集中力低下

・理解力不足

・失見当識

・判断力低下

・知識貧困

・興味減退

こういった症状があります。

 

医師からも、

・意欲低下

・注意力の維持ができない

・同じことをやり続ける力が低下

・我慢する力の低下

・無気力・無関心

こんな症状がでると聞きました。

 

興味減退という症状を見て、思ったのが何もやりたいことがないと母の状態です。

テレビも見ない・本も読まない・やりたいこともないと話す母をみて、年をとるとこうなるのかと不思議でした。

でも、これが病気の症状の一つと知りなんだか納得でした。

 

夕方になると、家に帰らないとと言う状態も、夕方になると鬱症状がでやすく、軽い譫妄が起こっている状態とのこと。

 

認知症を治す薬はないけれど、進行を遅らせる・気持ちの落ち込みをなくす薬としてアリセプトの服用が決まりました。

 

薬を飲んで治るというものではありませんが、薬の効果で母の気持ちが少しでもよい感じになれば嬉しいですね。

 

医師に、母から文句の電話があたった時にどうすればいいのか聞きました。

母「介護職員さんが、お茶を飲め飲めって怒る」

こんな時は、母の言葉を否定してはいけないそうです。その気持ちを受け止めることが大事と聞きました。

 

「そうなんだね」と受け止める。

もし、何か指示をするなら、短い言葉で一言で言うように。

「~わかった、そうなんだね。でも~」

というように反論のための「でも」はよくない。「ところで」と話を転換させるようにして話すようにと言われました。

 

施設で悩むことがなくなったから、認知症が進むのか?と思っていたのですが、医師から、それは逆ですと言われました。

「施設で大勢の人の手が関わっているから今の状態で留まっているんです」

「きっと、今のお母さんの状態では家で一人で服を選んで着ることはできないと思います。施設だから服を用意して手伝ってくれる人がいるから着替えもできるんですよ」

こういった些細なことも認知症の現れなんですね。

 

asaginodiary.hatenablog.com

 

午後から母と分かれて、帰路につきました。

車の中で聞いた曲でなぜか泣けて仕方ありません。誕生の歌なんですが、自分が産まれた時からの母とのことを思い出したのでしょうか。

自分でも感情が大きく揺れたことにびっくりでした。

 

 

もう前の母に戻ることはない。何かの拍子に脳梗塞で状態が悪くなる可能性がある。

そう思うと、「キツイなぁ~」というのが本音ですね。

 

覚え書きの意味もこめて、ここへ記して置きます。

できるだけ母が笑顔になれることをしてあげたいです。

 

休みの日は歩く日にすると膝が痛くない!

     f:id:asaginodaiary:20170903112557j:plain

運動が大事!そう痛感しているこの頃です。

そう膝が痛くなって、あわてて運動に目をむけました。

 

asaginodiary.hatenablog.com

その後、休みの日に早朝ウォーキングと平日の仕事帰りに車を止めてそこから30分のウォーキングを意識して実践中です。

 

もちろん今朝も言ってきました。

名付けて、お稲荷さん30分コース

f:id:asaginodaiary:20170903112048j:plain

 

家の前を旧街道が通っているのすが、それを15分くらい歩いていった所にお稲荷さんがありました。

ここで引き返して、ほぼ30分コースです。2.8km程度でしょうか。

 

よく行く池のコースは、1時間5kmコースなので、ちょっと後がしんどい。なので、今色々な我が家の回りのコースを探索中です。

 

そのおかげでしょうか。膝が痛くない!

痛みがあるなら、使うともっと痛くなりそうなものなのに、使えば痛くなくなる?

人体の不思議です。

 

毎日パソコンにむかっていたこたつから、イスを使う食卓でパソコンをするようにしたのも効果があったかもしれません。

でも、まだ正座するのは痛そうでやっていません。

 

平日は、残業などで運動はパス!という日も多いですが、休みの日はがんばって歩きます!(^^)!

 

 

 

悩みがなくなると認知症になる?

f:id:asaginodaiary:20170820004035j:plain

85才の母は、介護付老人施設でお世話になっています。

キーパーソンは私の姉なので、私は月に2~3回面会に行くだけです。

 

それでも、心待ちにしてくれている様子を見ると、元気な間に行こうと思います。

そんな母ですが、最近物忘れというか認知がやや悪くなってきたように思います。

 

自分が今いる所がわからない。

今まですんでいた所と自分が生まれと土地が違うのですが、どうしても産まれた場所に意識が行くようです。

 

聞いている私も、あえて訂正しませんが、これが認知症の始まりなのかなと思うこともあります。

 

明日会いに行くね

そう言っておくと、自分は今寮みたいな所にきているから、場所がわかるかどうか心配。

いつもと、違う所に来ているから、場所がわからない等々。

 

人間、食べることや住む所などの心配や悩みがなくなると、ボケでくるのでしょうか。

今日の夕飯何にしよう

お金が足りるかしら

家の修繕しないと・・・

こんな細々したことを誰でも常に頭の中で考えていますよね。

(私は考えています(^^;))

 

でも、施設に入った母は、こんなことの悩みからは解放されているわけです。

それでも、悩まないことで、頭の中の認識する力が弱ってくるのだとしたら、なんだか釈然としません。

 

自分の足で歩くことが難しくなったことで、認知にも影響が出ているような気もします。やっぱり、自分の足でいくつになっても歩けるように今から準備をしておかないといけないのかなと考えさせられます。

 

お盆の前に私の膝が痛くて困った記事を書きました

asaginodiary.hatenablog.com

あれから、毎日少しずつ歩くようにしています。

すると、不思議なことに膝の痛みもちょっとマシになったようにも思えます。

 

休みの日のウォーキング

仕事の日の定時退社の日は30分だけ歩いてから車で帰宅

(残業の日はナシですけどね)

しばらく、運動を心がけていきます。

 

 

 

 

膝が痛い!50代からこそ運動が大事

お盆休みに入りました。今年は珍しく3連休♪

土曜日は出勤の仕事場ですが、この12日はお盆休みでお休みです。山の日の祝日と13日の日曜日をあわせて、3連休!

そのかわり、世間でいうお盆の14日・15日はもちろん出勤です。

 

大きな予定もなく、ゆっくりパソコンに向かえると喜んでいたのですが、なんと膝の痛みが・・・

普通に歩けますが、座った状態から立ち上がったり、階段を降りたりすると違和感があるんです。

 

よく膝が痛いとか、腰が痛いとか聞きますが、我が身にふりかかろうとは思ってもいませんでした。

 

でも、心あたりはあるんです。

5年前くらいに、くも膜下出血で入院し、無事退院しましたが、その時体重が2ヶ月の入院で7kg減りました。そんな短期間で脂肪は燃えないので、これって全部筋肉が落ちた結果です。

 

その後は、運動らしいことも全くせず、飼っていた犬もいなくなったので、毎日の散歩もなくなりました。

 

毎日の通勤は車なので、運動にはなりません。

趣味がパソコンや漫画(^^;)では、体は動かしません。

 

こうした、もろもろの結果、5年間くらいで見事に膝や足の筋肉が衰えて痛みが出てきたということですよね。

 

症状から原因を調べると、年齢によるものと、運動不足による足の筋肉の低下。

もうどんぴしゃりです。

 

整形外科に受診も考えましたが、理学療法士さんに相談してみると、

『受診は大事だけど今の段階で受診しても診断がつくだけ。「もっと運動しましょう。」で、終わると思うよ。まず1ヶ月でも1週間でもいいから、何か運動を始めて続けてみたら?』

こんなアドバイスをもらいました。

 

確かに、痛いからといって薬にたよるほどでもないし。

なので、まず休みの日早朝ウォーキングへ行ってみました。

        

       f:id:asaginodaiary:20170811090710j:plain

いつもの近所の池へ、行ってきました。

曇っていたので、写真は暗いですが、朝5時半。涼しくてちょうどよかったですよ。

 

今日はサギ達も朝ご飯中。

       f:id:asaginodaiary:20170811090915j:plain

 

往復1時間5kmのウォーキングとなりました。

これを普通の仕事のある日にもできると、いいのですが、難しいかなぁ。

 

50代すぎてから、運動って意識しないとできなくなります。

スポーツクラブも魅力的ですが、月1万円はちょっと痛い(/_;)

 

パソコンにむかうのも、座っていたのをイスに変えてみました。

まだまだ、自分の足で歩けるために、これ以上筋肉をおとさないようにがんばります!

良い方法をご存じの方は、ぜひ教えてくださいね。

小さい子は元気でうるさくて可愛いかったんだ

    f:id:asaginodaiary:20170726230555j:plain

先日こけた記事をのせましたが、あれ以来、歩く時に注意をしています。

足元をよく見て、つま先をできだけ上にむけて歩く。

これだけでも、だいぶ違います。

「つま先を上に!」これを合言葉に毎日歩いています。

 

今日は、主人の健診のおともです。健診中は私は用がないので、近所のマクドナルドで時間つぶしです。

 

平日の昼間で夏休み中となると、親子連れが多いですね。

隣にすわった親子連れ、とにかく子供がハイテンション!

まあ、いつもと違う場所で食べるとなると、うれしいですよね。でも子供ってこんなに声が大きくて高かったんですね。

それにびっくりです。

幼稚園か小学校低学年のお子さん。元気でいいです。でもちょっとうるさいかな。

 

久しぶりの小さいお子さんの様子を間近でみて、なんだか自分の子どもの小さかった時のことを思いだしちゃいました。

 

うちの息子も、じっとしていない落ち着きのないタイプでしたから、きっと回りの大人のかたには迷惑をかけていたんでしょう。

 

ドリンクバーで、3種類以上を混ぜて喜んでいた子ですからね(^^;)

 

隣の席の元気な子のお母さんは、30代くらいでしょうか。

とっても優しいお母さんでしたよ。あの子どもの元気パワーに負けないためには、お母さんにもパワーがいりますね。

心の中で、お母さんに応援しておきました!(^^)!

 

 

 

 

こけました

日曜日にこけました。

比喩的な言い方ではなく、本当にこけてしまったんです。この年になってこけるとは・・・。

 

歩道を歩いていて、何もないのにつまづいて、そのまま手と足をついてしまいました。

ズボンは破れて、手も破れて。

 

ケガをしたというより、本当に皮膚が破れて血が出たという感じです。

 

日傘をさして、片手にスマホを持っていたのもよくなかったのでしょうか。

でも、歩道は少し傾斜がありましたが、それほどつまづくような場所でもありません。

つまづいて、足でふんばれなかったのが敗因です。

 

横には、車が渋滞で止まっていました。これ、車が流れていたら、交通事故になっていたかもと思うと、何か対策を考えないといけません。

 

そう原因は運動不足。

以前は、犬をかっていたので散歩に毎日行っていましたが、その犬も今はいないので運動がへりました。

f:id:asaginodaiary:20170719000223j:plain

今は、もういませんが我が家のわんこです。

 

つい『暑いから、ちょっとなぁ』と言い訳をさがしてしまいます。

チケット制のスポーツクラブなんかないでしょうか。プールも入りたいけど毎日もいけないし。

 

仕事の日は、なかなか運動するところまではいきませんがせめて休みは運動ですね。

 

大学時代の集まりには新しい発見がいっぱい

   f:id:asaginodaiary:20170716091920j:plain

久しぶりに、化粧がうまくなりたい!と思った日がありました。

鏡を見ると、あまりにも年齢が・・・

別に今日から年を取ったわけではないのですが、普段はあまり気にせず、化粧も見苦しくない程度にしかしていません。(手抜き?)

 

大学時代のサークルの集まりがあり、ちょっとでもマシに見せたいと思う自分に苦笑です。

 

同期だけの少人数で男性2人女性2人の4人での集まりだったので、まるで大学時代に戻ったようでした。

実は、大学時代は私はおとなしかったので、サークルの集まりなんかはとっても苦手だったんですね。かわいい友人なんかは、何もしなくても回りがほおっておきませんけどね。

 

男の人と何を話していいのかわからない。おとなしい~女の子だったんですよ。

でもさすがに30年以上たつと、色々経験してちょっとは苦手意識もうすくなったかもしれません。

おばちゃんパワーを出し過ぎないように気をつけないとと思っていたのですが、何を話せばいいのかと思う暇も無く楽しい時間をすごせました。

 

みんな同じ年代。50代を超えると、男性もそろそろ仕事だけでいいのかと思案するようで、転職という言葉も頭をよぎるらしいです。

でも、そんなに良い仕事もないし・・・

 

みんな一緒ですね。これから何があるかわからないから、会える人には会っておこうと思うと言っていたのが印象的でした。

定年まであと少しという会社もあれば、あと10年!という会社もあり、自営業もありで、色々とこれからを考えるお年頃ですね。

 

それぞれの家庭があり、それぞれの子ども達の話があり。

良い大学に行ったお子さんの家庭では、それなりに心配事もあるようで、私からみると、うらやましい限りです。

 

いつもと違うメンバーとあって、色々考えることもありました。

ちょっとは自分のみなりも気をつかわないといけないなと思ったのもその一つですね。