『今年の汚れは今年のうちに』なんて絶対無理!

スポンサーリンク

       f:id:asaginodaiary:20161224125053j:plain

風邪ひきから復活して今日も仕事です。

世間はクリスマスでにぎわっているのを横目に、いつもと変わらない我が家です。夕食も、純和風のサバの煮つけだったりして(笑)

 

風邪も薬を飲みつつ寝込まずにすぎました。ただ、夜中にやりたかったことが軒並みアウトになってしまって、なんだか気持的に忙しいです。

 

クリスマス前ということで、コンビニ商戦も真っ盛りですが、私の中では、大掃除の文字が大きくなりつつあります。

 

『今年の汚れは今年のうちに~♪』なんていうキャッチコピーがありますが、これがなかなか大変です。もちろん、汚れをためすぎている自分が悪いので、これれはもう自業自得です。

 

ある方のブログで、今年の掃除が終わりましたなんていう記事を見かけると、心がチクチクと痛みます。年末の休みは、明日の日曜日と年末の2日間のみ。

 

1年間分の汚れを年末の2日間でやっつけてしまおうというのが、そもそも間違っている。よ~くわかってはいるんですが、毎年大忙しです。

 

では、明日の日曜日もいれて3日間掃除にあてれば、ちょっとマシになるのはわかっているのですが、仕事も年末を越すための山場なので、休みの日はゆっくりしたい気持ちが勝っています。(←いいわけ(´・ω・`))

 

こうして考えると、我が家は、食べることには力を注ぐのに、掃除することには目をつぶるというか、見て見ぬふりをする傾向があるようです。私も、あまり掃除をしたいとは思いません。しなくてはいけないからするという感じですね。

 

家の掃除は、仕事を定年退職してからにしてほしいとズボラなことをつい考えてしまいます。

 

小さい子供がいないので、それほど散らからないはずなんですが、一番の元凶は主人ですね。これを片づけておいてね、というと右から左へ動かすだけという結果です。

 

もう、あまり期待はしていませんが、掃除の分担だけ作って、相手の箇所はやってなくても目をつぶるしかありません。

 

リビングのワックスかけ

カーテンの洗濯

電気の傘のそうじ

玄関周りのそうじ

等々

 

考えだしたらきりがありません。

 

大晦日のガソリンスタンドが混雑するのも、今年のうちに・・・という意識のあらわれですね。なんだか、考えただけで、ぐったりしちゃいそうです。

 

掃除のやる気をかき集めてがんばります(^_-)-☆