明日から真似できちゃう!何もない所でつまづく足の老化を予防する3つの方法

スポンサーリンク

      f:id:asaginodaiary:20160924013901j:plain

何もないところで、つまづくことってありませんか?

私は、よくあるんです。何もないのになんで躓くんだと思うのですが、先日もイオンモールの床でもう何回つまづいたことか。はずかしい~(/_;)

 

どうしてつまづくのか?

 

そう、足の筋肉の老化ですよね。つま先があがらずにひっかかるわけです。

確かに、運動不足なのは、認めます。週に1回くらい、早朝ウォーキングでポケモンGOやってるくらいじゃあ、運動にならないということね。

 

つい、休みでも、車で長時間の移動をするから、ゆっくり寝ておきましょう!なんていう言い訳でさぼっているのも原因かも。

 

一度万歩計ではかってみたことがあります。1日4000歩。本当に少ないですよね。車通勤のために、仕事場で歩く程度です。その仕事場も2階建てなので、階段を上ってもしれています。

 

知りあいのリハビリの先生に、つまづかないようにするオススメの方法を3つ教えてもらいました。

 

つまづきを予防する3つの方法

 

①歩く時に、足を後ろに蹴るようにして歩く

私は、前に足を意識して出すのかと思ったら、後ろ足を蹴り上げるようにするらしいです。

 

②スクワット

実は、トイレでスクワットを実践していました。仕事中にトイレへ行った時に10回だけスクワットをするようにします。1日にトイレに5回行けば、1日に50回のスクワットが完成~。

なかなかいい方法だったのですが、膝が痛くなってやめていました。やり方が自己流だったのが、ネックだったようです。再度挑戦!

 

③座って、つま先をあげる

常につま先を動かすように意識するだけでも、かなり変わるそうです。

 

~☆~☆~☆~

私の場合は、仕事場に10時間近くいるので、その間にどれくらい足を動かせるかに老化予防がかかっています。早速実践あるのみ!

 

自分の身体に意識をむけて、常に動かすことを意識することが大事なお年頃ですね。